NHKエンタープライズ

TOKYO JAZZ +plus LIVE STREAM 第3弾ラインナップ発表!新たに12組発表! コラボレーション企画決定!

2020年05月20日

東京JAZZ事務局

TOKYO JAZZ FESTIVAL 2020 ロゴ

TOKYO JAZZ +plus LIVE STREAM

▶︎ 第3弾ラインナップ発表!新たに12組発表!

▶︎ コラボレーション企画決定!

 


▶︎ 2020年5月23日(土)・24日(日)
▶︎ 両日 20:00〜22:00※予定
▶︎ 公式サイト https://tokyo-jazz.com/

東京JAZZ公式YouTubeチャンネルにて 全世界無料配信!!

第3弾ラインナップ発表!新たに12組発表!!

ジョシュア・レッドマン(Still Dreaming)、ボブ・ジェームス、 リー・リトナー、日野皓正、ゴーゴー・ペンギン、川口千里など、12組追加発表!

コラボレーション企画決定!

▶︎ Hiromi and Joshua Redman
上原ひろみがジョシュア・レッドマンとコラボ決定! これまでも多彩なアーティストとセッションを繰り広げてきた上原ひろみ。今回は世界的サックス奏者ジョシュア・レッドマンとの初コラボが決定。
元々はNHKホールの同じ昼の部で出演予定だったジョシュアと、オンラインでリモートセッションを繰り広げる!
▶︎ Ovall × Gotch
mabanuaによるトラックをベースに、Gotch(ASIAN KUNG-FU GENERATION)が書き下ろした最新曲を、Ovallとのコラボ演奏で初披露!
▶︎ TRI4TH feat. チャイナ・モーゼス
踊れるジャズバンド・TRI4THが、フランスのジャズフェス「Jazz à Vienne」とのコラボ企画でチャイナ・モーゼスと遠距離セッション!
▶︎ 小田朋美 × 中山晃子
CRCK/LCKSでも活動する音楽家・小田朋美と、画家・中山晃子による新しいパフォーマンス。
小田の音楽と中山の「Alive Painting」による収録作品とリアルタイムが交差する初のコラボレーション。


▶︎出演予定(50音順)
上原ひろみ
H ZETTRIO
Ovall × Gotch NEW
小曽根真 featuring No Name Horses
小田朋美 × 中山晃子 NEW
川口千里 NEW
ゴーゴー・ペンギン NEW
Still Dreaming with ジョシュア・レッドマン、ロン・マイルス、スコット・コリー & デイヴ・キング NEW
チック・コリア
ティグラン・ハマシアン
ディマシュ・クダイベルゲン
TRI4TH feat. チャイナ・モーゼス NEW
挾間美帆 m_unit
バルトロメイ・ビットマン
平原綾香
日野皓正 NEW
fox capture plan
ボブ・ジェームス NEW
マイケル・リーグ from Snarky Puppy NEW
マンハッタン・トランスファー NEW
ミシェル・カミロ
ミシェル・ンデゲオチェロ NEW
ラリー・カールトン
リー・リトナー NEW
ロベルト・フォンセカ feat. ダナイ・スアレス

▶︎MC
ハリー杉山
セレイナ・アン NEW

※各アーティストの出演日は後日発表


出演者(50音順)

上原 ひろみ(p)
6歳よりピアノを始め、同時にヤマハ音楽教室で作曲を学ぶ。17歳の時にチック・コリアと共演。1999年にバークリー音楽院に入学。在学中にジャズの名門テラークと契約し、2003年にアルバム『Another Mind』で世界デビュー。2011年、第53回グラミー賞において『スタンリー・クラーク・バンド フィーチャリング 上原ひろみ』で「ベスト・コンテンポラリー・ジャズ・アルバム」受賞。2017年、日本人アーティストでは唯一となるニューヨーク・ブルーノートでの13年連続公演も成功。2019年には10年ぶりとなるソロピアノアルバム『Spectrum』をリリース。

H ZETTRIO
2014年、スイスで開催されている世界3大ジャズ・フェスティバル「モントルー・ジャズ・フェスティバル」への出演をキッカケに、活動を活発化、国内外の大型フェスに多数出演。H ZETT M(p/青鼻)のユニーク且つ“無重力奏法”と形容されるテクニカルなピアノと、H ZETT NIRE(b/赤鼻)、H ZETT KOU(ds/銀鼻)が支えるキレのあるリズムセクションを武器に、独自のアンサンブルを響かせる。この3人以外には作り出せない音楽とグルーヴを追求し続けている。

Ovall
Shingo Suzuki、mabanua、関口シンゴによるトリオバンド。ジャズ、ソウル、ヒップホップ、ロックを同列に並べ、生演奏もサンプリングもシームレスに往復し、楕円(オーバル)のグルーヴの中に音を投げ込む。その斬新なスタイルと唯一無二のサウンドは徐々に時代を吸い寄せ、国内外の映像作家、映画監督、そして様々なアーティストからプロデュースやコラボレーションの依頼が殺到。直後よりFUJI ROCKなど国内の大型フェスに出演、そして世界中のアーティストとのコラボレーションや海外でのライブツアーも行う。

小曽根 真(p)
1983年バークリー音大ジャズ作・編曲科を首席で卒業。同年米CBSと日本人初のレコード専属契約を結び、アルバム「OZONE」で全世界デビュー。
2003年グラミー賞ノミネート。チック・コリア、ゲイリー・バートン、ブランフォード・マルサリス、パキート・デリベラなど世界的なプレイヤーと共演するなどジャズの最前線で活躍を続ける一方、クラシックや映画音楽の作曲など幅広く活躍を続けている。平成30年度紫綬褒章受章。

小田朋美 × 中山晃子
小田朋美
作曲家、ヴォーカリスト、ピアニスト。東京藝術大学作曲科を卒業後、ソロ活動をはじめとし、「DC/PRG」(キーボード)「CRCK/LCKS」(ヴォーカル&キーボード)などのバンドでもリリースやライブを重ねる。
作曲家・三枝伸太郎と、萩原朔太郎、茨木のり子、谷川俊太郎などの詩を歌ったアルバム『わたしが一番きれいだったとき』を2018年にリリース。「小田朋美(vo)&三枝伸太郎(p)」は中止となった今年のTOKYO JAZZ +plusにも参加を予定していた。
中山晃子
画家。液体から固体までさまざまな材料を相互に反応させて絵を描く「Alive Painting」というパフォーマンスを行う。あらゆる現象や現れる色彩を、生物や関係性のメタファーとして作品の中に生き生きと描く。
様々なメディウムや色彩が渾然となり変化していく作品は、即興的な詩のようでもある。
MUTEK Montreal等にも出演。 

川口千里(ds)
1997年愛知県生まれ。5歳でドラムを始める。「YouTube」でのドラム演奏動画は世界中から注目され、その総再生回数は現在およそ4,000万回。2013年、1stアルバム「A LA MODE」をリリース。2014年に2ndアルバム「Buena Vista」をリリース。2016年12月にはサウンドプロデュースにフィリップ・セスを迎え「CIDER」をリリース。翌年9月には東京ジャズに出演。デビッド・サンボーン、マーカス・ミラー、アルフォンソ・ジョンソン、エリック・マリエンサルなど海外ミュージシャンとの共演も多く、国内外を問わず多彩に活躍中。

ゴーゴー・ペンギン
イギリスのマンチェスターで結成された新世代ピアノ・トリオ。ピアノのクリスがマンチェスターのロイヤル・ノーザン・カレッジ・オブ・ミュージックでクラシックを学んでいることから、ジャズをベースにしながらもラフマニノフ、ドビュッシー、ショパンなどのクラシックや、ブライアン・イーノ、ジョン・ケージなどの現代音楽、さらにエイフェックス・ツイン、アンダーワールドほか、テクノ、ドラムンベース、エレクトロニカ、ポストロック、ダブステップなどのダンス・ミュージックからも強い影響を受けている。

Gotch(vo)
ASIAN KUNG-FU GENERATIONのボーカル&ギターであり、ほとんどの楽曲の作詞・作曲を手がける。
これまでにキューンミュージック(ソニー)から9枚のオリジナル・アルバムを発表。2010年にはレーベル「only in dreams」を発足。ソロアルバムにGotch名義にて『Canʼt Be Forever Young』(2014)やプロデューサーに 元Death Cab for CutieのChris Wallaを迎えバンド録音を行った2ndソロアルバム『Good New Times』(2016)を発表。2020年4月、後藤自らミックスを手がけた作品『Nothing But Love』をデジタル配信リリース。

Still Dreaming with ジョシュア・レッドマン、ロン・マイルス、スコット・コリー & デイヴ・キング
現代ジャズサックス界のイノベーター、ジョシュア・レッドマン。近年発表した2枚のアルバムが2年連続グラミー賞にノミネート。ドラムにThe Bad PlusのDave Kingを迎え、父デューイへのオマージュとして制作し昨年グラミー賞にもノミネートされたアルバム「Still dreaming」のプロジェクトとして熱いオンラインセッションを繰り広げる。
ジョシュア・レッドマン
10歳でテナーサックスを手にし独学でマスター。その後ハーヴァード大学を主席で卒業するが音楽コンテストでの優勝を機にプロミュージシャンを目指す。1992年にワーナーと契約、ファーストアルバム「Joshua Redman」はいきなりグラミー賞候補になるなど、常にシーンをリードし続けている。

チック・コリア(p, key)
1960年代からプロ活動を開始、マイルス・デイヴィスのグループで活躍した後、1970年代に「リターン・トゥ・フォーエヴァー」を結成し「スペイン」などヒット曲を多く生み出す。昨年は、伝説のバンド『チック・コリア・エレクトリック・バンド』『チック・コリア・アコースティック・バンド』として東京JAZZに出演。大きな話題となった。また、今年開催された第62回グラミー賞ではアルバム『ザ・スパニッシュ・ハート・バンド』が「最優秀ラテン・ジャズ・アルバム」を受賞。23回目のグラミー賞獲得という快挙となった。

チャイナ・モーゼス
シンガー、作家、ソングライター、プロデューサー、MTV司会者として幅広く活躍するチャイナ・モーゼスは、ディー・ディー・ブリッジウォーターを母に持つ才女。父ギルバート・モーゼスは、テレビ・ドラマシリーズ『ルーツ』やカルト映画『ウィリー・ダイナマイト』などの監督として知られている。Guru、カミーユ、ミシェル・ンデゲオチェロなど絶大な影響力を誇るアーティスト達とコラボをするなど、その実力には定評あり。2009年『フォー・ダイナ』で名門ブルーノート・レーベルよりメジャー・デビューを果たす。

ティグラン・ハマシアン(p, key)
1987年にトルコ国境近くのアルメニアの都市、ギュムリに生まれる。父は宝石商、母は服飾デザイナーだったが、父のヘビーロックコレクション(レッド・ゼッペリン、ブラック・サバス、ディープ・パープル、クイーン、ナザレス)を聴いて育った。3歳の頃、家にあるピアノで簡単なメロディーを弾くようになり、ピアノレッスンを受け始める。6歳で特別音楽学校に通い始め、弱冠19歳で、新人ジャズ・ミュージシャンの登竜門「セロニアス・モンク・コンペティション」にて、優勝を果たした奇才。今注目のピアニストである。

ディマシュ・クダイベルゲン(vo)
1994年5月24日、カザフスタンの音楽一家に生まれる。2015年の音楽コンテスト優勝をきっかけに欧州・アジアで人気沸騰。クラシックとカザフの伝統音楽をベースにしつつ10を超える言語の歌を歌いこなす。去年12月にはニューヨークでの単独公演を成功させるなど、いま世界が注目するネクストブレイクアーティスト。

TRI4TH
“踊れるジャズ “ をコンセプトに掲げ、ジャズでありながら、ロックバンドに勝る激しいパフォーマンスで国内外のオーディエンスを魅了し続けている。 パンクロック、スカを取り入れた音楽性が好評を博し、海外では、フランス “Jazz a Vienne” / デンマーク “Copenhagen Jazz Festival 2017” にも出演。 2019年秋に全国7箇所にて「SING ALONG TOUR」を開催。国内の代表的な音楽フェスティバルの一つ”SUMMER SONIC 2019″ への出演も果たすなど、インストバンドの枠を超え今シーンで最も注目されるバンドである。

挾間 美帆 m_unit
2012年にジャズ作曲家としてメジャーデビュー。これまで坂本龍一、 NHK交響楽団などへ編曲作品を提供する。2017年の東京ジャズでは「ジャズ100年プロジェクト」の編曲・演出を担当。その時に共演したデンマークラジオ・ビッグバンドの首席指揮者に、2019年シーズンから就任。ニューヨークを拠点に、国際的に活躍している。
m_unit
挾間美帆(cond.)、土井徳浩(as)、庵原良司(ts)、竹村直哉(bs)、ジョナサン・パウエル(tp)、林育弘(hrn)、金子飛鳥(vn)、沖増菜摘(vn)、吉田篤貴(va)、島津由美(vc)、香取良彦(vib)、佐藤浩一(p)、サム・アニング(b)、ジェイク・ゴールドバス(ds)

バルトロメイ・ビットマン
2011年結成。音楽の都ウィーンの現在を体現するユニークなアコースティック・デュオ。ポップスの親しみやすさ、ジャズのインプロビゼーション、ロック的要素も備えた自由で革新的な音楽を作り出す。クラシック界で培った高い演奏力で楽器の可能性を最大限に引き出す二人の音楽はアップテンポでスリリングな楽曲から、深く語りかけるように演奏される心を打つスローなバラードまで聴く者の心をとらえて離さない。地元ウィーンはもちろんオーストリア全土、ドイツを中心に世界中で好評を博している。現在までに3枚のアルバムをリリース。

平原 綾香(vo)
2003年、ホルストの組曲『惑星』の『木星』に日本語詞をつけた『Jupiter』でデビュー。2004年の日本レコード大賞新人賞や、2005年日本ゴールドディスク大賞特別賞をはじめ、様々な賞を獲得。2011年には「文化庁芸術選奨文部科学大臣新人賞(大衆芸能部門)」を受賞し、NHK朝の連続テレビ小説『おひさま』主題歌『おひさま~大切なあなたへ』をリリース。
昨年はラグビーW杯2019開幕戦での国歌斉唱も話題となった。

日野皓正(tp)
9歳よりトランペットをはじめ、13歳の頃にはダンスバンドで活動を始める。デビュー以降、”ヒノテル・ブーム”と騒がれるほどの注目を集め、1975年に活動拠点をNYに移し、数多くのミュージシャンと活動。アルバムセールスにおいてはジャズの枠を越えたヒットを連発し、CM、TV出演など多方面で活躍。近年は公演の他、チャリティー活動や後進の指導にも情熱を注いでいる。唯一無二のオリジナリティと芸術性の高さを誇る日本を代表する国際的アーティストである。

fox capture plan
“現代版ジャズ・ロック”をコンセプトとした情熱的かつクールで新感覚なピアノ・トリオ・サウンドを目指し2011年結成。過去6枚のフル・アルバムを発表し「CDショップ大賞 ジャズ部門賞」2度受賞、 「JAZZ JAPAN AWARD 2013アルバム・オブ・ザ・イヤー・ニュー・スター部門」「“AZZ JAPAN AWARD 2015アルバム・オブ・ザ・イヤー・ニュー・ジャズ部門」 を獲得。FUJI ROCK FESTIVAL’16、SUMMER SONIC 2017、 東京JAZZは3年連続出演。

ボブ・ジェームス(p)
4歳からピアノを始める。 大学在学中の1962年、ノートルダムジャズ・フェスティバルで優勝。クインシー・ジョーンズの目に止まり、セッション・ピアニストとして活躍し始める。これまでに27枚のソロ・アルバムをレコーディング。アール・クルーと共作した『ワン・オン・ワン』、デヴィッド・サンボーンとの『ダブル・ヴィジョン』はグラミ-を受賞。1991年、リー・リトナー、ネーザン・イースト、ハーヴィー・メイソンという第一人者を集めたユニット、“フォープレイ“を結成。これまでグラミー・ノミネートは計12回、うち、フォープレイとしては2回ノミネート。

マイケル・リーグ from Snarky Puppy 
米・テキサス州出身の作編曲家/プロデューサー/ベーシストであり、2004年のデビュー以来、3度のグラミー賞に輝くジャズ・コレクティブ、スナーキー・パピーのリーダー。ノーステキサス大学でジャズを学び、ダラスのゴス ペル・シーンでテクニックを磨く。エレクトリック・ベースの音色をエフェクトで大胆に変える演奏スタイルや、あらゆる ジャンルの要素がブレンドされたグルーヴィな楽曲を生み出すなど、個性的なスタイルが魅力。東京JAZZには2019年にSnarky Puppy として出演。 

マンハッタン・トランスファー
1979年に発表されたジェイ・グレイドンのプロデュースによる『エクステンションズ』に収録されたウェーザーリポートのカヴァー、「バードランド」でグラミーの「最優秀ジャズ・フュージョン・ヴォーカル賞」と「ヴォーカル編曲賞」を受賞し注目を集める。その後も 80年代に発表したアルバム『モダン・パラダイス』『ボディ・アンド・ソウル』『ヴォーカリーズ』などはグラミー賞を受賞し名実ともに世界一のヴォーカル・グループとなる。2014年10月16日、リーダーだったティム・ハウザーが亡くなりアカペラ・グループのm-pactで活躍していた実力派トリスト・カーレスが加入した。

ミシェル・カミロ(p)
ドミニカ共和国の首都サント・ドミンゴ生まれ。幼少時からピアノを学び、16歳でドミニカ・ナショナル・シンフォニーとともにステージに立つ。比類なきテクニック、ラテン・テイスト溢れる圧倒的なパフォーマンスがニューヨークのクラブ・シーンで注目を集め、1985年カーネギーホールにトリオで出演を果たす。1988年ソニーミュージックからアルバム『ミシェル・カミロ』を発売、全米ジャズ・チャート8週連続1位を記録。グラミー賞、ラテン・グラミー賞受賞アーティスト。

ミシェル・ンデゲオチェロ(b,vo)
スワヒリ語で「鳥のように自由」という意味の「ンデゲオチェロ」という名を持ち、旧西ドイツ出身でアメリカを中心に活動する孤高のベーシスト。1994年にはマドンナのアルバムに参加しベース・プレイヤー誌の選ぶ「ベーシスト・オブ・ザ・イヤー」に女性として初めて選出。ハービー・ハンコック、パット・メセニーらとのセッションでも知られ、 2018年発表のカバーアルバム『Ventriloquism』はグラミー賞にノミネートされるなど、ファンク・R&B・ジャズ・ロックなどジャンルを超越した活動を続ける。 

ラリー・カールトン(g)
グラミー賞ノミネート19回、そして4度のグラミー賞受賞。 幼少よりギターを始め、B.B.キング、ウェス・モンゴメリー、ジョン・コルトレーン等に影響を受ける。2010年2月、12年間加入したフォープレイを去り、ソロのキャリアを追及することを発表。2011年、「Take your Pick」で、自身4度目となるグラミー賞Best Pop Instrumental Album賞を獲得。同年、カナダのジャズアワード「Canadian Smoothies 2011」にて、George Benson Lifetime Achievement Awardを受賞し、ギブソン社に よって、10名の偉大なセッションミュージシャンのうちの一人として挙げられた。 

リー・リトナー(g)
1952年ロサンゼルス生まれ。70年代に発表した初期作以降の作品はグラミー賞受賞に輝き、19作がノミネート。ロックをミックスした新鮮なサウンドで一世を風靡し、クロスオーヴァー&フュージョン・ギタリストの先駆けとなった。これまでに40枚以上のアルバムを発表し、ヒットチャート入りした曲は35曲にのぼる。若い頃より様々なアーティストと共演し、3000以上にも及ぶセッションに参加。また、Fourplayの設立メンバーの一人でもある。 

ロベルト・フォンセカ feat. ダナイ・スアレス
ロベルト・フォンセカ(p)
父はドラマー、母は歌手という音楽一家に生まれる。4歳からドラム、8歳で音楽学校に入学しクラシックピアノを勉強。西アフリカのヨルバ族の血を引く祖母の影響で、アフロキューバの宗教、サンテリーアの歌や太鼓のリズムに親しみ、音楽の幅を広げる。1999年初のソロアルバム「ティエネ・ケ・ベール」を発表。2000年ブエナ・ビスタ・ソシアル・クラブのレコーディングに参加し、2001年には北米ツアーにも同行。ピアノの他、作曲、アレンジ、プロデュースも手掛け、キューバの若手を代表する実力派ミュージシャンとして活躍。
ダナイ・スアレス(vo)
キューバ出身のシンガー・ソングライター兼ラッパー。ジャイルス・ピーターソンによるハバナ・カルチューラ・プロジェクトに参加し、世界的に注目を集めることになった。力強い歌声とラップのいずれも駆使できる才能に惚れ込むミュージシャンも多い。


ハリー杉山(MC)
東京生まれ、イギリス育ち。イギリス人の父と日本人の母を持ち、日本語・英語・中国語・フランス語の4か国語を話すマルチリンガル。フジテレビ「ノンストップ!」、J-WAVE「POP OF THE WORLD」、NHK総合「どーも、NHK」、Eテレ「おもてなし 即レス英会話」などにレギュラー出演。特技はサッカー、クリケット。趣味はマラソン、読書、ライブ鑑賞、映画鑑賞、肉体改造。

セレイナ・アン(MC)
現在24歳のシンガーソングライター。音楽好きの父親の影響で中学生の頃からギターと作詞を始める。2014 年に自身のYouTube公式チャンネルに洋楽カバーをアップし注目を集めた。2015年にリリースしたミニアルバム『We Are One』はiTunesアルバム総合ランキングで堂々の4位を獲得。2019年にはDJ OKAWARI × Celeina Annの中国10都市11公演を回るツアーを、11月には上海での単独ライブを成功させ海外での人気も獲得。シンガーソングライターとしてだけでなくモデルやラジオMCなどもこなしている。


開催概要

●名称:TOKYO JAZZ +plus LIVE STREAM

●日程:2020年5月23日(土) 24日(日)

●時間:両日 20:00〜22:00 ※予定

●配信:東京JAZZ公式YouTubeチャンネルにて無料配信 YouTube (Link) 

●主催:東京JAZZ実行委員会(NHK、NHKエンタープライズ、日本経済新聞社)

●特別協賛(50音順):一般財団法人セガサミー文化芸術財団

●出演アーティスト:上原ひろみ、H ZETTRIO、 Ovall×Gotch 、小曽根真 featuring No Name Horses、小田朋美×中山晃子 、川口千里、ゴーゴー・ペンギン、Still Dreaming with ジョシュア・レッドマン、ロン・マイルス、スコット・コリー & デイヴ・キング、チック・コリア、ティグラン・ハマシアン、ディマシュ・クダイベルゲン、TRI4TH、チャイナ・モーゼス、挾間美帆 m_unit、バルトロメイ・ビットマン、平原綾香、日野皓正、fox capture plan、ボブ・ジェームス、マイケル・リーグ、マンハッタン・トランスファー、ミシェル・カミロ、ミシェル・ンデゲオチェロ、ラリー・カールトン、リー・リトナー、ロベルト・フォンセカ、ダナイ・スアレス
ほか  

●MC:ハリー杉山、セレイナ・アン

●公式サイト :https://tokyo-jazz.com/

●公式サイト :http://www.tokyo-jazz.com

●公式Facebook :https://www.facebook.com/tokyojazzfestival

●公式Twitter:https://twitter.com/Tokyo_Jazz_Fes

●公式Instagram:https://www.instagram.com/tokyojazzfestival_official/

●公式YouTube:https://www.youtube.com/channel/UCe1qRn-d2Z9yXsdea9zb7Ng/

その他の記事

ページトップへ