NHKエンタープライズ

社長メッセージ

SHIBUYAから“世界”へ

~NHKグループの未来を拓く~

 

代表取締役社長 安齋 尚志

NEPはNHKグループの一員として、年間1万3千本を超える放送番組を制作しています。「チコちゃんに叱られる!」「突撃!カネオくん」「ダーウィンが来た!」そのほか時代劇から芸術祭大賞の連続ドラマ、伝統芸能からアイドルが登場するエンターテインメント、国際ディベートからアニメまで本当に多種多様です。
番組制作だけでなく、番組に関係するDVDの制作・販売やデジタルでの展開、イベントやシンポジウムの企画・制作、海外・国内でのコンテンツの売買、キャラクター商品への展開や権利の販売、アーカイブス事業などを行なっています。NEPは、幅広い分野で皆様の身近なパートナーになることを目指しています。

この一年の事例を挙げると、お客様相談室への問い合わせ電話がきっかけでヨルダンのペトラ遺跡の博物館の展示映像を制作することができました。北海道胆振東部地震に際しては「北海道復興を応援するため観光客を呼び戻そう」というお誘いを受け、SNSを活かした情報発信を武器に著名人や強力V-Tuber、地元の方々の応援もいただき復興のお手伝いをすることができました。またテキサス州で開かれた最先端テクノロジーの祭典SXSWに「1964年の渋谷の街を立体的に再現し、その中を旅するVRコンテンツ」を出展したところ、世界の様々な有力企業から「面白い!何か一緒にやらないか」とうれしいお誘いをいくつも受けています。
私たちはそんな出会いを求めています。

私たちの強みは、国内外の才能あるパートナーと組んで仕事ができることです。NHK譲りの手堅さに加え、自由で伸びやかな発想や演出、最先端の技術やデザインの応用を取り込んで、「面白い!楽しい!」と喜ばれるコンテンツやサービスを提供することができます。
ぜひお気軽に「一緒に仕事しよう」とお声をおかけください。

2019年6月
代表取締役社長 安齋 尚志

ページトップへ