プライバシーポリシー

株式会社NHKエンタープライズ(以下「当社」という。)は、NHKの放送番組等の各種コンテンツ制作や商品化、イベントの制作などを行っています。これらの事業活動のために、当社は多くの個人情報を保有し、その保護にあたっては法令を遵守した上で適正管理にあたってまいりました。そして、近年急速に進むデジタル化に伴う高度通信社会の進展に伴い、当社ではいっそう個人の権利や利益を守るよう努めるとともに、ビッグデータの適正かつ有効な利活用を図るため、以下の通り個人情報保護に関する基本方針を定めています。お客様にご安心いただきながらサービスを向上させるため、当社は個人情報の保護に万全を尽くします。

個人情報保護に関する基本方針

  • 個人情報の保護に関する法律(平成15年法律第57号。以下「個人情報保護法」という。)をはじめとする個人情報に関する法令およびその他の規範を遵守するとともに、当社内の規程に準拠して個人情報を適正に取り扱います。そのため、業務として個人情報を取り扱うすべての者に対して、必要な教育を実施します。
  • 個人情報の収集に当たっては、利用目的を通知または公表した上、必要な範囲の情報を適正に収集し、その範囲内で利用します。
  • 違法または不当な行為を助長し、または誘発するおそれがある方法によって個人情報を利用しません。
  • 収集した個人情報の目的外の利用をする場合および第三者に提供する場合には、法令等に別段の定めがある場合を除き、あらかじめ同意を得ます。
  • 収集した個人情報を第三者に委託する場合は、十分な保護基準を満たした業者を選定し、契約等により個人情報保護の適切な措置を講じます。
  • 個人関連情報の提供を受けるときは、その旨の同意を得た上で、提供者に収集を依頼します。
  • 事業を創出するに際して、個人情報から仮名加工情報および匿名加工情報を作成するときは、個人情報保護法その他関係法令の定めに則り、適切な措置を講じます。
  • 個人情報、仮名加工情報および匿名加工情報の取扱いにあたっては、個人データの漏えい・滅失または毀損のリスクに対する必要かつ適切な安全管理措置を講じます。
  • 個人情報の取扱いに関する苦情・相談がある場合、また、開示・訂正・削除・利用停止などを希望される場合は、迅速な処理を心がけ、法令に則り速やかに対応します。
  • 個人情報の取扱いに関する社会環境の変化に的確に対応するように努めます。また、安全管理等に関する規程類については、その実効性が継続されるよう適宜見直し改善するように努めます。

※なお、個人情報保護法第57条第1項に規定されている、報道または著述の用に供する目的における個人情報および個人関連情報については、取扱いの対象としませんが、個人データの安全管理措置は準用します。

制定日 2005年4月1日
改定日 2022年4月1日
株式会社 NHKエンタープライズ
代表取締役社長 松本 浩司


個人情報の取扱い

■個人情報の利用目的

当社が取得する個人情報の利用目的は以下の通りです。その他、個別の利用目的がある場合には、その事業のサイトで公表します。

【コンテンツの制作・販売】

  • 制作スタッフおよび業務発注先との連絡、施設等の利用申請のため
  • 台本に記載するため
  • 番組出演者への連絡や出演料の支払いのため
  • 番組素材提供者への連絡や謝礼の支払いのため
  • 番組制作寄与者(原作・脚本・音楽等の権利者・制作者)への連絡・対価の支払いのため
  • ご購入いただいた商品の発送、代金の請求、決済処理およびアフターサービスのため
  • 番組への協力に対する対価等の支払いのため
  • 権利者への連絡、権料の支払いのため
  • 顧客等関係者との連絡のため
  • ライセンシー等との連絡のため
  • ライセンシー等の番組視聴傾向などの分析のため
  • 新商品やおすすめ等の商品情報を送付するため
  • 購買履歴等の情報を分析し、嗜好に応じた商品・サービスに関する広告の表示のため

【ライセンス事業】

  • ライセンシーへのライセンス提供履歴などの管理のため
  • ライセンシーのライセンス提供傾向などの把握のため
  • 流通へのライセンス状況の紹介のため
  • 展開する番組等の権利処理のため
  • ライセンシーへの新たなライセンスの紹介のため
  • ライセンスにともなう権利処理のため

【素材提供事業】

  • 当社が保有する素材(映像、音声、写真等)の提供に伴う権利関係の把握や使用希望者に納品、請求を行うため

【アーカイブス事業】

  • NHK番組の放送や配信等の二次的利用に必要な権利処理および権利確保のため

【ライツ事業】

  • NHK番組の放送や配信等の二次的利用に必要な権利処理および権利確保のため
  • NHK番組の配信に必要な権利処理のため
  • NHK番組の外部提供に必要な権利処理のため

【デジタルコンテンツ制作事業】

  • ホームページを構築・作成するため
  • 個人データを利活用するため
  • Twitter・Instagramなどソーシャルメディアでの情報提供・連絡のため

【イベントの企画制作事業】

  • イベント参加者のプロフィール紹介のため
  • イベント参加者の申込受付のため
  • イベント来場者の受付やご連絡・ご案内のため
  • イベント来場者の傾向把握のため
  • イベント出演者への出演料の支払いのため
  • 運営マニュアルに記載するため
  • 主催・共催イベントのご案内のため
  • イベント関連グッズ販売のため

【配信事業】

  • お客様からご依頼のあった商品の販売およびそれに付随するサービスの電子メール等によるご案内のため
  • 当社が取り扱う商品などの電子メール等によるご案内のため
  • 商品またはサービスに関するユーザーサポートのため
  • その他の関連または付随するサービス、コンテンツをウェブサイト上で提供するため
  • 利用状況や利用環境などに関する調査を実施し、客観的にお客様の満足度を把握する目的での統計資料を作成するため
  • 本サービスの改善および新たなサービスの検討のため
  • 関連施設・興行に関するプロモーション活動のため

【協業者の皆様の個人情報】

  • 打合せ等のため
  • 情報提供・連絡のため
  • 委託された業務の遂行のため

【経営管理に関わる皆様の個人情報】

  • 株主様へのご連絡および株式の管理業務のため
  • 当社の権利の行使・義務の履行のため
  • 法令に基づく書面・記録・データの作成と保管のため

【採用応募者の皆様の個人情報】

  • 当社における採用活動、採用後の人事・安全管理およびこれに関連する業務のため

【従業員・役員その他当社構成員の個人情報】

  • 給与の計算・支払いのため
  • 当社構成員に対する人事・安全管理およびこれに関連する業務のため

【お問い合わせ窓口】

  • お問い合わせいただいた内容に回答するため

■第三者への提供

個人情報を第三者に提供するに際して、以下の場合を除き、ご本人の同意をいただきます。
  • 法令に基づく場合
  • 人の生命、身体または財産の保護のために必要がある場合
  • 公衆衛生の向上または児童の健全な育成の推進のために特に必要がある場合
  • 国の機関もしくは地方公共団体またはその委託を受けた者が法令の定める事務を遂行することに対して協力する必要がある場合
ご本人から同意が得られない場合には、ご本人の求めに応じて第三者への提供が停止できるよう、あらかじめご本人に通知し、ご本人が容易に知り得る状態に置くとともに、個人情報保護委員会に届ける「オプトアウト手続」で提供することとします。 外国にある第三者に個人情報を提供する場合、ご本人からその旨の同意をいただきます。

■第三者への委託

個人情報を第三者に委託して利用する場合は、当該第三者における安全管理の状況に照らし、委託を行うことの適切性を検討するとともに、当該第三者との間で機密保持を含め適切な監督を行うために必要な事項を定めた業務委託契約を締結するなど、委託先への管理・監督に万全を期します。

■第三者提供における個人情報のトレーサビリティの確保

当社は、皆様のプライバシー保護のため、個人情報を第三者に提供する場合、提供先の氏名等の記録を一定期間保存します。また。個人情報を第三者から受領した場合は、取得経緯等や提供元の氏名等を確認し、一定期間その記録を保存します。

個人データの利活用

当社は、新規の事業を創出するために、個人関連情報の取得や仮名加工情報および匿名加工情報を作成して利用いたします。

■個人関連情報

当社は、Cookie等により保存・取得される識別子を通じて得られる様々の個人関連情報を活用いたします。
個人関連情報とは、生存する個人に関する情報であって、個人情報、仮名加工情報および匿名加工情報のいずれにも該当しないものをいい、次に示す情報が例として挙げられます。
  • Cookie等の端末識別子を通じて収集された、ある個人のウェブサイトの閲覧履歴
  • メールアドレスに結び付いた、ある個人の年齢・性別・家族構成等
  • ある個人の商品購買履歴・サービス利用履歴
  • ある個人の位置情報
  • ある個人の興味・関心を示す情報
当社は、個人関連情報の提供を受けるときには、ご本人からその旨の同意を得ることとします。

■仮名加工情報

当社は、仮名加工情報を作成・利用いたします。
仮名加工情報とは、他の情報と照合しない限り特定の個人を識別することができないように個人情報を加工して得られる個人に関する情報です。
加工方法は、個人情報保護委員会の次に掲げる規則に従います。
  • 個人情報に含まれる特定の個人を識別することができる記述等の全部または一部を削除します。
    例:氏名、住所、生年月日が含まれる個人情報を加工する場合
     1)氏名を削除
     2)住所を削除するか、または、〇〇県△△市に置換
     3)生年月日を削除するか、または、生年月に置換
  • 個人情報に含まれる個人識別符号の全部を削除または置換します。
  • ご本人の財産的被害が発生するおそれがあるクレジットカード番号や、送金決済機能があるウェブサービスのログインID、パスワードを削除します。
仮名加工情報は、法令に基づく場合を除くほか、社内での利用にとどめ、第三者への提供はいたしません。
利用にあたって、仮名加工情報の作成に用いた個人情報と照合したり、仮名加工情報を利用してご本人に連絡を取ったりすることはありません。
仮名加工情報の作成に用いられた削除情報等の漏えいを防止するための安全管理措置を講じます。

■匿名加工情報

当社は、匿名加工情報の作成・提供・利用をいたします。
匿名加工情報とは、特定の個人を識別することができないように加工して得られる個人に関する情報であって、当該個人情報を復元することができないようにした情報です。
加工方法は、個人情報保護委員会の次に掲げる規則に従います。
  • 特定の個人を識別することができる記述等の全部または一部を削除
  • 個人識別符号の全部を削除
  • 当社ファミリー倶楽部の会員番号など連結する符号を削除
  • 本人を識別してしまう特異な記述等を削除
  • 個人情報データベースの性質を考慮して本人を識別できないように処置
加工する際には、加工の方法等に関する情報等の安全管理措置を講じます。また、当該事業ウェブサイトで、個人に関する情報の項目を公表します。
作成した匿名加工情報を第三者に提供するときは、あらかじめ、提供される匿名加工情報に含まれる個人に関する情報の項目および提供の方法を公表します。

個人データの安全管理のために講じた措置

当社は、個人データが漏えいした場合等に本人が被る権利・利益の侵害の大きさを考慮し、事業の規模および性質、個人データの取扱状況ならびに個人データを記録した媒体の性質等に起因するリスクに応じて、必要かつ適切な安全管理措置を以下の通り実施します。
なお、仮名加工情報および匿名加工情報を利用する場合には、加工情報に係る削除情報等の漏えいを防ぐための安全管理措置を実施します。

【基本方針の策定】

  • 個人データの適正な取扱いの確保のため、関係法令、ガイドライン等の遵守、質問および苦情処理の窓口設置等について、基本方針(プライバシーポリシー)を策定します。

【個人データの取扱いに係る規律の整備】

  • 個人情報の取得・入力、移送・送信、利用・加工、保管・バックアップ、消去・廃棄の段階ごとに、取扱方法、責任者、担当者およびその責務等について個人データの取扱規定を策定します。

【組織的安全管理措置】

  • 個人データの取扱いに関する責任者を設置するとともに、個人データを取り扱う従業者が取り扱う個人データの範囲を明確化し、法令や取扱規定に違反している事実または兆候を把握した場合の責任者への報告連絡体制を整備します。
  • 個人データの取扱条項について、定期的に自己点検を実施するとともに、他部署による監査を実施します。
  • ISMS(情報セキュリティマネジメントシステム)認証維持のために、日本規格協会ソリューションズ株式会社による認証審査(監査)を受けています。

ISMS基本情報

【人的安全管理措置】

  • 個人データの取扱いに関する留意事項について、従業者に定期的な研修を実施します。

【物理的安全管理措置】

  • 個人データを取り扱う区域において、従業者の入退室管理および持ち込む機器等の制限を行うとともに、権限を有しない者によるデータの閲覧を防止する措置を実施します。
  • 個人データを取り扱う機器、電子媒体および書類等の盗難または紛失等を防止するための措置を講じるとともに、事業所内の移動を含め、当該機器、電子媒体等を持ち運ぶ場合、容易に電子データ内容が判明しないよう措置を実施します。

【技術的安全管理措置】

  • アクセス制御を実施して、担当者および取り扱う個人情報データベース等の範囲を限定します。
  • 個人データを取り扱う情報システムを外部からの不正アクセスまたは不正ソフトウェアから保護する仕組みを導入します。

【外的環境の把握】

  • 個人データを保管している国を特定し、当該国における個人情報保護に関する制度を把握した上で安全管理措置を実施します。
  • 保管している国の特定は、個別の事業で明確にします。
  • 個人情報保護に関する制度については、個人情報保護委員会が公表していますので参照してください。

外国における個人情報の保護に関する制度等の調査 (外部サイトを開く)


15歳未満のお客様についての個人情報について

15歳未満のお客様の個人情報につきましては、必ず保護者の方の同意の下でご提供いただきますようお願いいたします。

個人情報の開示、訂正、追加、削除、利用停止、消去のご請求、苦情処理の対応について

当社が保有する個人情報については、個人情報の開示を希望される場合、個人情報提供者ご本人であることを確認した後、電磁的記録または書面による方法で登録情報を開示します。
ご本人の保有個人データにつき、訂正・追加・削除、および利用停止、消去の請求を行うことができます。
ただし、ご本人または第三者の生命、身体、財産等を害するおそれがある場合、当社の業務の適正な実施に著しい支障を生じる場合、またはその他法令に違反することになる場合は、その全部または一部のご請求に応じられないことがあります。
当社は、個人情報取扱に関する苦情については、適切かつ迅速な処理に努めます。

開示等のご請求、苦情対応の窓口は以下の通りです。
  • 株式会社NHKエンタープライズ リスク管理室
    〒150-0047 東京都渋谷区神山町4番14号
    電話:03-3481-7901
  • 受付時間(土・日・祝除く)午前10時~午後6時
  • 開示等の請求手続は有料です。

個人番号および特定個人情報保護に関する基本方針

  • 個人番号をその内容に含む個人情報(以下「特定個人情報」という。)については、一般法である個人情報保護法に定められている措置の特例として、より厳格な保護措置が「行政手続きにおける特定の個人を識別するための番号の利用等に関する法律」(平成25年法律第27号。以下「番号法」という。)で規定されています。当社は、番号法に基づいて特定個人情報を取り扱う事務を行うに際し、番号法その他関連する法令等を遵守します。
  • 特定個人情報の適切な収集、利用、提供、保管および廃棄を行うとともに、これらに関する事項を定めた社内規程等を策定し、遵守します。
  • 特定個人情報等の漏えい、滅失または毀損を防止するための安全管理措置を講じます。また、万一漏えい等が発生した場合には、事案に応じて、速やかに必要な措置を実施します。
  • 特定個人情報等に関するご本人からの苦情およびご相談に適切かつ迅速に対応します。ご本人からのお問合せは、以下のお問合せ窓口で承ります。
  • 特定個人情報等の管理の仕組みを継続的に見直し、改善します。

特定個人情報等の保護に関するお問合せ窓口

株式会社NHKエンタープライズ リスク管理室
〒150-0047 東京都渋谷区神山町4番14号
電話:03-3481-7901

制定日 2016年6月28日
改定日 2022年4月1日
株式会社NHKエンタープライズ
代表取締役社長 松本 浩司