NHKエンタープライズ

世界最大のクリエイティブビジネス見本市「SXSW2016」に“8K:VRシアター”出展

2016年03月09日

8K3D&22.2chによる世界初の8K:VR作品「Aoi −碧− サカナクション」を上映

株式会社 NHKエンタープライズ
株式会社 NHKメディアテクノロジー

株式会社 NHKエンタープライズ(以下、NEP)は、株式会社 NHKメディアテクノロジー(以下、MT)の協力を得て、世界最大のクリエイティブビジネスの見本市「SXSW2016(サウス・バイ・サウスウエスト2016)」(米テキサス州オースティンで開催)に出展します。2016年3月16日(水)〜18日(金)、今回から新設された注目のプログラム「VR/AR Track」にて、8K3D映像&22.2ch立体音響による「8K:VRシアター」を展開。人気のロックバンド・サカナクションと全面的にコラボレーションして、2015年11月に東京・ヒカリエホールで上映した、世界初の8K:VR作品「Aoi −碧− サカナクション」を再上映します。

この作品は、NEPとMTが共同で手掛け、最新鋭のデジタルメディア技術・8K3D映像&22.2ch立体音響を駆使した、世界初の8K:VR作品です。立体映像にも出演しているサカナクションの楽曲「Aoi(2013年度NHKサッカー放送テーマ曲)」を、気鋭のサウンドアーティストのevalaとMT技術陣がタッグを組み、22.2ch立体音響で再構築しました。ハイビジョン解像度の16倍もの高精細3D映像と、大迫力の立体サラウンド音響を組み合わせることで、ヘッドマウントディスプレイを使わずに、シアター型のVR体験を実現しました。
SXSWは、毎年3月にテキサス州オースティンで開催され、世界中からメディア業界のプロフェッショナルとクリエイターが集まる、世界最大のクリエイティブビジネスの見本市です。1987年に音楽部門からスタートし、いまでは映画、インタラクティブに分野を広げ、毎年規模を拡大しています。

8K:VR Theater「Aoi −碧− サカナクション」 出展概要

SXSW2016(サウス・バイ・サウスウエスト2016):VR/AR Track
日時:2016年3月16日(水)〜18日(金)11:00〜18:00 ※約10分間のショーを繰り返し上映
会場:Hilton Austin(ヒルトン・オースティン)4F・Room 410 (500 E 4th St, Austin TX)
※ SXSW2016の会期は3月11日(金)〜20日(日) ※ バッジ登録者のみ入場可能
8K:VR Theater 公式HP:http://8KVR.net

次世代の映像技術 8K3D映像

現行のハイビジョンテレビは200万画素で映像を記録していますが、8Kは、縦・横ともに密度を4倍に引き上げ、3,300万画素で記録する映像規格。人間の網膜の密度に近づくため、実物と映像の区別がつかなくなる究極の映像と言われます。
今回の“8K:VRシアター”では、右目・左目用に2つの8K映像を投射。映画館の3D作品とくらべても遥かに高解像度で、別次元の映像体験ができます。

MTは過去20年以上にわたり3D映像制作を続けてきた実績があります。その豊富なノウハウを活かし、今回の作品制作でも、立体設計・撮影・3D装置開発・ポスプロ・上映など、技術ワークフロー全体を担当しています。

未来の音響システム 22.2ch立体音響

24台のスピーカーを“8K:VRシアター”の上下・前後・左右に配置し、全身が音に包まれる体験が可能になります。スピーカーから出る音はそれぞれ個別にコントロール可能で、映像の臨場感を膨らませ、これまでにない音楽体験をつくり出すことができます。

サカナクション profile

2005年に活動を開始し、2007年にメジャーデビュー。
日本の文学性を巧みに内包させる歌詞やフォーキーなメロディ、ロックバンドフォーマットからクラブミュージックアプローチまでこなす変容性。様々な表現方法を持つ5人組のバンド。全国ツアーは常にチケットソールドアウト、出演するほとんどの大型野外フェスではヘッドライナーで登場するなど、現在の音楽シーンを代表するロックバンドである。
2015年、クリエイター・アーティストと共に音楽に関わる音楽以外の新しいカタチを提案するプロジェクト「NF」を恵比寿LIQUIDROOMで定期開催。現在、全国ツアー「SAKANAQUARIUM2015-2016 “NF Records launch tour”」がスタート。2016年4月まで各地をまわる。また映画「バクマン。」音楽で第39回日本アカデミー賞最優秀音楽賞を受賞。2016年7月17日には地元北海道で野外レイブパーティー「SAKANATRIBE」を開催予定。音楽的な評価も受けながら「ミュージシャンの在り方」そのものを先進的にとらえて表現し続けるその姿勢は、新世代のイノベーターとして急速に支持を獲得している。
http://sakanaction.jp/

evala profile

音楽家、サウンドアーティスト。先鋭的な電子音楽作品を発表し、国内外の音楽祭や美術展にてインスタレーション、コンサート上演、また公共空間、舞台、映画、広告メディアにおいて立体音響システムや先端テクノロジーを用いた多彩なサウンドプロデュースや楽曲提供を行う。2006年デビュー。主な作品に、CD『acoustic bend』、インスタレーション『大きな耳をもったキツネ』(NTTインターコミュニケーション・センター/2013)や、Rhizomatiks Research × ELEVENPLAY『border』『Hermès – Leather Forever』『LOUIS VUITTON – Timeless Muse』の音楽、『蜷川実花:Self-image展』 『杉本博司:Lost Human Genetic Archive 展』の音響プログラム、ボーカロイド・オペラ『THE END』サラウンドプログラムなど。
http://evala.jp/

制作スタッフ

出演:サカナクション
音楽:サカナクション「Aoi」
サウンド・クリエイター:evala
アートディレクター:木村浩康(Rhizomatiks Design)

【NHKメディアテクノロジー】 http://www.nhk-mt.co.jp/
TD&ステレオグラファー:斉藤 晶 撮影監督:出頭清美 撮影:伊藤 毅
タイムラプス:内藤一輝 VE:髙栁紘平 照明:貫井聡一 音声:山口朗史、青山真之
ポスプロコーディネーター:田畑英之 オンライン編集&グレーディング:近藤貴弓
CGステレオグラファー:大塚悌二朗 制作:和田浩二、渡辺琴美

【デジタル・ガーデン】 http://www.dgi.co.jp/
CGIプロデューサー:高橋和也 CGIスーパーバイザー:平嶋将成
CGIデザイナー:森田 輝、原口麻衣子

【NHKエンタープライズ】 https://www.nhk-ep.co.jp/
演出&プロデューサー:田邊浩介 演出&制作進行:立花達史

その他の記事

ページトップへ