NHKエンタープライズ

新旧2つのシリーズが合体した豪華版「映像の世紀プレミアム」

2016年05月16日

映像の世紀プレミアム5月28日にNHK BSプレミアムで始まる「映像の世紀プレミアム」(4本シリーズ)。1995年の「映像の世紀」、2015年の「新・映像の世紀」に続き、この新番組では何が描かれるのか? プロデューサーを務めるNEP情報文化番組の伊川義和がご紹介します。


私は「新・映像の世紀」のディレクターとして、2年間にわたって日々資料映像を見続けてきました。そんな研究者のような生活が終わりを迎えようとした頃、「新・映像の世紀」の好評を受けて急きょ立ち上がった企画が「映像の世紀プレミアム」です。この新番組は、「映像の世紀」と「新・映像の世紀」で世界中から集めた映像素材をふんだんに使って描く豪華版です。新旧2つのシリーズは、映像が誕生してから100年余りの歴史を編年体で描きましたが、今回の「映像の世紀プレミアム」では、4つのテーマに沿って番外編として放送します。

BSプレミアムという放送波の特徴に合わせて、総合テレビとは違った目線でテーマを考えました。現在決まっているのは、<芸術家><兵器と科学者><女性>の3つです。ディレクターとして「新・映像の世紀」を作る過程で多くの映像素材を見た経験からも、これらのテーマであれば映像によって人々の物語をもっと深く描けると思います。「新・映像の世紀」のキャッチコピーは「映像は人間の罪と勇気を照らし出す」だったのですが、やはり歴史の主人公は人間であり、人間ドラマにこそ歴史の面白さがあります。

第1回は、「世界を震わせた芸術家たち」です。芸術家たちは作品によって人類が進むべき道を示し、社会の問題をあぶり出し、世界を変える力を人々にもたらしてきました。動く映像として初めて記録された巨匠・ロシアの文豪トルストイに始まり、1920年代のアメリカで花開いたジャズエイジ、ユダヤ移民が築き上げた映画の都ハリウッド、ナチスに抵抗を続けたピカソ、チャップリン、そして戦後のベビーブーム世代を熱狂の渦に巻き込んだビートルズ、ボブ・ディラン、さらにはベルリンの壁の前のデビッド・ボウイの伝説のライブの映像などで、20世紀をたどっていきます。

トルストイ

トルストイ

チャップリン

チャップリン

ポール・マッカートニー(左)、ジョン・レノン(右)

ポール・マッカートニー(左)、ジョン・レノン(右)

ボブ・ディラン

ボブ・ディラン

デビッド・ボウイ ベルリンの壁の前の“伝説の”ライブ

デビッド・ボウイ ベルリンの壁の前の“伝説の”ライブ

この番組は、単なる再編集番組ではありません。新旧2つのシリーズで世界各国のアーカイブから集めた膨大な映像を使って、新しいシーンも満載しています。特に、とてもよい映像なのに「新・映像の世紀」では放送時間の関係で泣く泣く落としたシーンを復活させました。例えば、1937年のパリ万国博覧会。第二次世界大戦の2年前に開催されたこの万博では、ピカソが大作「ゲルニカ」を発表しました。しかし、当時の観客はこの作品にほとんど見向きもしませんでした。一方、グランプリを受賞したのは、ドイツのリーフェンシュタール監督がナチス党大会を描いた映画『意志の勝利』。主人公はゲルニカ爆撃を指示したヒトラーです。現在とは正反対の価値観が第二次世界大戦直前のヨーロッパに存在していたことを、この映像から感じ取ってもらえると思います。他にも、藤田嗣治(画家)、江戸川乱歩(作家)、ウォルト・ディズニー(アニメ制作者)、マイヤ・プリセツカヤ(バレリーナ)、ヴァン・クライバーン(ピアニスト)、アンディ・ウォーホル(画家)、ジョン・レノン(ミュージシャン)、キース・ヘリング(画家)など、多彩な芸術家たちが新たな映像で登場します。

1937年のパリ万国博覧会

1937年のパリ万国博覧会

中でも今回の目玉映像と言えば、「アンネの日記」を書いたアンネ・フランクです。1941年、ナチスによるユダヤ人迫害が始まっていたアムステルダムで、ある日、結婚式が行われました。式場に向かう新郎新婦を一目見ようと人々が集まって来ます。その様子がカメラで撮影されていたのですが、そこにアパートの窓から身を乗り出して通りを眺めるアンネの姿が偶然にも写っていました。それはまるで、無声映画のワンシーンのようです。「この女の子が本当にアンネなの?」と疑う方もいらっしゃるかも知れませんが、オランダのアンネ・フランク財団のお墨付きですのでご安心ください。

アンネ・フランク(1941年、アムステルダムで撮影)

アンネ・フランク(1941年、アムステルダムで撮影)

番組ナレーションを務めてくださるのは、「映像の世紀」の山根基世さんと「新・映像の世紀」の山田孝之さんです。「映像の世紀プレミアム」は、旧シリーズファンの方々も新シリーズファンの方々も楽しめ、かつ新しい発見のある番組になればと願って制作を進めています。
ぜひ、一人でも多くの方にご覧いただけると幸いです。

(制作本部 情報文化番組 エグゼクティブ・プロデューサー 伊川義和)


映像の世紀プレミアム

第1集 「世界を震わせた芸術家たち」
5月28日(土)19:30 NHK BSプレミアム
語り 山田孝之 山根基世


関連記事

その他の記事

ページトップへ