NHKエンタープライズ

暑い夏に、あなたを癒やす73分 - 「こんにちは! 動物の赤ちゃん★夏2015」

2015年08月07日

01番組ロゴ

 

暑い夏を涼しく過ごしたい方にオススメの番組が、「こんにちは! 動物の赤ちゃん★夏2015」。水族館で生まれたかわいい赤ちゃんたちに、番組スタッフも癒やされちゃう! その見どころを、上村晴彦プロデューサーがご紹介します。


全国の動物園や水族館で続々と誕生しているかわいい赤ちゃん! 命の誕生と成長をめぐる感動のドラマを貴重な映像でお届けするのが、「こんにちは! 動物の赤ちゃん」です。番組は年末の特集として、動物園を題材に2007年にスタート。「かわいい動物の赤ちゃんに癒やされたい!」という皆さんに支えられ、2012年からは夏の水族館特集も始まりました。夏の番組もおかげさまで4年目、NHKとNHKエンタープライズ、制作会社のノマドが、がっちりタッグを組んで制作に取り組んでいます。

制作スタッフ 左下:上村晴彦プロデューサー(筆者) 中央:牛久保明子プロデューサー(ノマド)

制作スタッフ 左下:上村晴彦プロデューサー(筆者) 中央:牛久保明子プロデューサー(ノマド)

この番組の一番の“ウリ”は、なんと言っても、飼育員さんだからこそ撮影できた“秘蔵映像”の数々。番組のディレクターたちは、全国の水族館から集めた、飼育員さんの思いが詰まった15時間の映像すべてに目を通し、「これぞ、動物の赤ちゃん!」という珠玉の映像を選び出します。私がこの番組を担当するのは去年の冬からですが、番組開始当初から映像を見続けているノマドの牛久保プロデューサーによると、飼育員さんたちのカメラの腕前は年々、メキメキと上達しているそう。なるほど、届けられた映像は、小型特殊カメラを使ったもの、複数のカメラを駆使して決定的瞬間を追いかけたもの、そしてついにはドローン(無人機)で撮影した、誰も見たことがないような映像まで! もう、プロも顔負けです。

そんな見どころ満載の膨大な映像の中から“とっておきの映像”を選ぶなんて・・・さぞや大変な作業かと思いきや、ディレクターやプロデューサーたちの会話から聞こえてくるのは、「ダンゴウオが天使すぎる!」「クラゲの映像に癒やされた~」「イルカの愛情、ハンパない!」といった、なんだか楽しそうな内容ばかり。
う~ん、見たい。ワタシも見たい! そう思いませんか?
ここでちょっとだけ、放送前に“秘蔵映像”の一部をお見せしちゃいましょう!

まずはコチラ!

ゴマフアザラシの赤ちゃん(鶴岡市立加茂水族館)

ゴマフアザラシの赤ちゃん(鶴岡市立加茂水族館)

こちらはゴマフアザラシの赤ちゃん。う~ん、なんて愛らしいんでしょう! 私のような40代のいい年をしたオジサンでも、キュンキュンしちゃいます(笑)。
それにしても、赤ちゃんの安心しきった表情! こんな表情を見せてくれるのも、撮影しているのが飼育員さんだからこそ。生まれたときからすぐそばで成長を見守ってきたから、こんな至近距離で撮影できるんです。飼育員さんの愛情があふれる映像ですよね。

続いては、コチラ!

04スナメリ

写っているのは、クジラの仲間、スナメリです。画面の中央をよ~く見てください。スナメリのお腹あたりに、小さな尾びれが出ているのがわかりますか? 実はこれ、お母さんのお腹から、赤ちゃんがまさに生まれようとしている出産の場面。飼育員さんも固唾を飲んで見守る、命の誕生の瞬間です。あっ、逆子ではありませんよ。イルカやクジラは尾びれから生まれるのが普通なんだそうです。

アップで見るとよく分かりますね

アップで見るとよく分かりますね

それにしても、こんな場面、野生ではなかなか見ることができません! とっておきの貴重な映像を記録できるのも水族館だからこそ、ですよね。

こんな選りすぐりの映像とともに、今回、番組でご紹介するのは、4つのストーリー。

★真っ白でふわふわした毛並みが愛くるしい、ゴマフアザラシの赤ちゃんの成長記録。
ある日、赤ちゃんが部屋から消えてしまうという珍事件が発生!? 一体なぜ?

楽しい夢を見ているのかな?

楽しい夢を見ているのかな?

★水族館での繁殖が難しいと言われるスナメリ。飼育員さんに見守られながら、スナメリの赤ちゃんが様々な苦難を乗り越える感動の物語。

スナメリの人工哺育 管を使ってミルクを飲ませる(鳥羽水族館)

スナメリの人工哺育 管を使ってミルクを飲ませる(鳥羽水族館)

★夫婦で協力しながら、子育てをするペンギン。すくすくと育つ赤ちゃんですが、なんと、ペンギンなのに水が苦手。ちゃんとプールデビューできるの? ドキドキの成長物語。

マゼランペンギンの親子(神戸市立須磨海浜水族園)

マゼランペンギンの親子(神戸市立須磨海浜水族園)

 ★ふわふわと水中を漂う姿が人気のクラゲ。1センチにも満たないクラゲの赤ちゃんを「わが子」と呼ぶ飼育員さんのクラゲ愛!

オワンクラゲの赤ちゃん(九十九島水族館)

オワンクラゲの赤ちゃん(九十九島水族館)

いかがですか?
続きはぜひ番組で!

最後に、夏の「動物の赤ちゃん」の見どころをもう一つ。それは、ゲストの皆さんが訪ねる水族館。夏の番組がスタートして以来、すみだ水族館(東京都墨田区)、新江ノ島水族館(神奈川県藤沢市)、鴨川シーワールド(千葉県鴨川市)と毎回、場所を変えて収録を行ってきましたが、今回訪ねたのは、アクアワールド茨城県大洗水族館(茨城県大洗町)。世界中におよそ500種類いるといわれるサメのうち、55種類を飼育しているという“日本一のサメ水族館”です。

今回の番組の司会は、「動物の赤ちゃん」ではおなじみ、久本雅美さんと、片山千恵子アナウンサー。ゲストは、ダイビング暦20年以上で、海の生きものにとってもくわしい的場浩司さん、マンボウやクラゲが大好き! 山下リオさん、そして、子どもたちに大人気! 「捕ったどぉ~!」でおなじみ、よゐこ濱口優さんです。どんな収録現場だったかというと……

左から濱口優さん、山下リオさん、的場浩司さん。アクアワールド・大洗のイルカショーに大喜び!

左から濱口優さん、山下リオさん、的場浩司さん。アクアワールド・大洗のイルカショーに大喜び!

こちらが、イルカのパフォーマンス!

こちらが、イルカのパフォーマンス!

 久本雅美さんと的場浩司さんは、何やら水槽を見てビックリの様子

久本雅美さんと的場浩司さんは、何やら水槽を見てビックリの様子

間近で見る動物たちの迫力や、飼育員さんしか知らない“とっておき”に、皆さん、大興奮!
水族館のバックヤードにも潜入します。ぜひ、ご家族そろってご覧ください!

(制作本部 情報文化番組 エグゼクティブ・プロデューサー 上村晴彦)

「こんにちは! 動物の赤ちゃん★夏2015」
NHK総合テレビ 8月19日(水)夜7:30から放送予定
番組ホームページ

その他の記事

ページトップへ