時代を切り拓くコンテンツ創造企業 ENGLISH

放送90年大河ファンタジー 「精霊の守り人」 いよいよ3月19日 放送スタート!

NEP Newsletter3月号より

精霊の守り人メインビジュアル

上橋菜穂子さん原作の「精霊の守り人」は日本以外に世界7か国語に翻訳され、NHKでアニメ化されたこともあるベストセラー。実写化の要請が相次いだものの、この世界観を再現するのは不可能と上橋さんは全て断ってきたそうです。今回、シリーズ全12巻をドラマ化することで、ようやく許諾を得ることが出来ました。
物語は、精霊の卵を宿したために帝から命を狙われる幼い王子を、女用心棒が守りながら旅をするというシンプルな設定。でも、権力者に都合良く歴史は作り替えられるという偽史の問題が提示されたり、ある土地では恵みとなる事象が別の土地では災いとなるというエコロジカルな視点が盛り込まれていたりと、ファンタジーと言っても十分大人が楽しめる内容です。そして最終的には王子が大国の侵略戦争に向き合う、まさに「大河」的な展開になっていきます。
全編4K制作なのでロケ場所にはこだわりました。原生林を求めて北は北海道から南は熊本、鹿児島へ。絶壁で技術スタッフをザイルで確保しながら撮影したシーンもあります。

原生林でのシーン

そして賑やかな街を再現するため、韓国の龍ヨンインテジャンクム仁大長今パーク(旧MBCドラミア)での撮影。「宮廷女官チャングムの誓い」や「トンイ」でおなじみの街並みが、美術スタッフの念入りな飾り付けで、韓流ドラマファンにも分からないほどの変化を遂げています。

何より一番の売りはアクションです。綾瀬はるかさんが3か月も特訓をした短槍さばきは迫力満点。スタントを用意していたにも関わらず、綾瀬さんのこだわりでアクションシーンの99%は本人が演じています。CGで制作された怪物と戦うクライマックスシーンでは美しささえ感じるアクションを見せています。

川に落ちた王子を救い出すシーンは昨年9月下旬に下仁田で撮影。20度の水温のなか、お湯をかけながら奮闘する綾瀬さん。

川に落ちた王子を救い出すシーンは昨年9月下旬に下仁田で撮影。20度の水温のなか、お湯をかけながら奮闘する綾瀬さん。

3月から放送されるシーズン1は全4 話。4月からはシーズン2全9話の撮影が始まり、シーズン3の完成は来年以降という長い旅が始まります。こだわりの美術に最先端のVFX技術、そして俳優陣の熱量の高い演技。スタッフ・キャスト一丸となって面白いドラマにしていきますので、ぜひ応援して下さい。

◆放送90年大河ファンタジー「 精霊の守り人」
【放送予定】3月19日(土)スタート(連続4回)
毎週土曜 NHK総合 午後9:00〜 ※初回73分。以降58分。
【原作】上橋菜穂子
【脚本】大森寿美男
【音楽】佐藤直紀
【出演】綾瀬はるか 東出昌大 木村文乃 林遣都
吹越満 小林颯/吉川晃司 高島礼子
平幹二朗 藤原竜也ほか
シーズン2・3(全18話)は2017年から順次放送予定
公式サイト

◆関連番組
「精霊の守り人」のナゾを解け
〜食わず嫌いのための大河ファンタジー入門〜
3月14日(月) NHK総合 午後8:00〜

そのほかの記事は、NEP Newsletter 2016年3月号をご覧ください。

ページトップへ